京王線街情報バックナンバー

東京都新宿区新宿2-5-11甲州屋ビル2F
TEL:03-3358-6699 /FAX:03-3358-6630
E-Mail:new@town-web.co.jp

タウンハウジング立川多摩賃貸情報
立川賃貸 TOP >> 京王線 >>  街情報バックナンバー

京王線街情報バックナンバー

★飛田給駅★
飛田給は京王線の駅である。
西調布との間隔は僅か600メートルほどで、容易に徒歩で行き来が可能である。
この街は、なんと言ってもサッカーの街である。
2001年の東京スタジアム開業(2003年にネーミングライツにより味の素スタジアムに改称)に合わせて本駅も駅舎が大規模にリニューアルされ、同年グッドデザイン賞を受賞した。 本駅から味の素スタジアムまでは、北口を出て通称スタジアム通りを5分ほど北上し、ぺデストリアンデッキを上ると入口に行き着く。通りの両脇は、観戦客を見込んだコンビニ、ファミレス、居酒屋が建ち並んでいる。
駅構内には、FC東京と東京ヴェルディ1969のペナントが飾られ、街のいたるところにサッカー関連の掲示物、ポスターが見られるなど、サッカーと切っても切り離せない関係にある街である。
また、同スタジアムは、都内では稀少な野外ライブ会場としても使われている。ただ、キャパシティは国内最大級の東京ドーム並の規模であり、そのため過去の開催例を見ても、矢沢永吉、氷室京介&GLAY、SMAP、浜崎あゆみ等超大物アーティストに限られる。(その中にあって、2004年に長崎平和チャリティコンサート「さだまさし遊園地」が開かれたことは特筆に値する) 普段は穏やかな郊外の街だが、同スタジアムで催し物がある日は打って変わって賑やかになる。飛田給は2つの顔を持つ街である。

★府中駅★
府中は京王線の駅である。 一日の平均駅利用者数は、2006年度で43,000人を超えており、これは京王電鉄全体で第6位の数である。
利用者数では調布駅よりも少ないが、駅前の大きさは調布を凌いでおり、京王電鉄最大の駅と言っても過言ではない。(第1位の新宿以下、渋谷、吉祥寺、下北沢は全て他電鉄の路線と接続がある駅である)
1993年に高架化が完成した駅舎からは、北側南側共にぺデストリアンデッキが伸びており、そのまま駅周辺の商業施設へ直結している。 南口には、伊勢丹、複合商業施設くるる(映画館等のほか、再開発前に駅周辺にあった小規模な店舗群も同施設の中に移転した)があり、休日には多くの人を集める。伊勢丹府中店の開業は1996年、くるるは2005年の開業であり、近年急速に発展した街であることが窺える。
金融機関支店、大手飲食チェーン店等が軒並み建ち並ぶほか、府中市役所、府中警察署等も徒歩圏にあり、利便性の高い街である。少々駅から離れるが、寿町と日鋼町の境界付近には、コジマ電機、ケーズデンキの大手家電量販店が近距離に建ち、ケーズデンキのすぐ横にはホームセンターがある。また、徒歩10分弱でJRの府中本町駅に行くこともできる。
上記の駅高架化、伊勢丹、くるるの出店は、全て同じ区画整理、再開発計画によるものであり(計画立案から計算すると、延べ30年以上の期間をかけ行われている非常に大規模なものである)、まだ未着工のエリアもあることから、まだまだ発展する余地があるものと思われる。